FC2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

切るか剃るか。

知っちょる人は知っちょるでしょうが




僕は「顔の毛を抜く」フェチです。




時々顔の頬辺りに

ヒゲともうぶ毛とも違う

しっかりした毛がぴょこんと生えてくるでしょ?男子。




これを抜くのが好きなんです。




なかなか抜けないんよね

指がそれを発見した瞬間からですから

かなり短い状態の毛と格闘するわけです。


親指の爪と

中指の爪で

がちっと掴み

ビヤッと抜く。



しかしこれが

いつまでたっても爪の間に挟まってくれなかったり

「確保!!」と油断した瞬間、するりと逃げられたり。


長時間に渡り、根気強くホシを追いかけるあたりは

往年のすっぽん刑事さながら。


福岡から下道で帰ってくる間の約5時間

ずっと一本の毛を抜こうとほじくり返していたこともあるほどです。

皮膚をむしり取ったあげくの流血も度々。




近頃では毛抜きを使うこともありますが

とにかく好きなんです。








そんな僕が

新たにはまってしまった顔遊びが


カミソリで剃る事。


元々は嫁さんのうぶ毛剃りを

手伝ったことが発端やったのですが


すーーーーっと剃って

それをティッシュで拭いた時に

大量のうぶ毛が一列に整列しちょる

あの快感




嫁の顔だけでは飽きたらず

最近は自分の顔も剃り始めています。



でもな

自分の顔剃るのっち結構難しくて



しょっちゅうボタボタ血を流してます。



こないだなんか

仏壇のお客様とお話する直前の休憩に

首筋のうぶ毛を剃りよったら

ズシャっと耳たぶをやってしまって。


耳たぶっち、かなり血が出る部位みたいで

抑えたティッシュからも滴るほど出よりまして。



直後にお客様が来店されたために

「ご心配無く」と笑顔で接客。



そのいでたちは

肩近辺を赤く染めたYシャツと

耳を抑える血まみれティッシュ。



心配とかじゃなく

気持ち悪いですよね、単純に。









だいぶ上達して

今ではススススーってなもんです。


近々うちに遊びに来る予定の皆さん

手土産必要ありませんから



うぶ毛ボーボーでいらしてください。

・・・カミソリ片手にお待ちしとります。

ふふ。
スポンサーサイト



| お仏壇を奏でる | 18:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |