日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぶかっこカボス。

お客さんに頂いた

今年最後かな?大量のカボス。
CA3H0181.jpg
「美しゅうはねぇけんど、うちのは完全無農薬やけんな」

申し訳なさそうに、でもちょっと誇らしげに

うちだけじゃとても食べ切れんほど、たくさん下さいました。




「無農薬」「化学肥料は一切使ってない」という

自分ちの畑で、食べる分だけ野菜を作る方と

最近お話する機会がよくあって。


虫が食ってたり

大きく育ってなかったり

見た目がいびつだったりするんやけど

「虫も食わん野菜じゃん食うて、どげーすんのな!?」

と言われれば

確かにそりゃそうだっち思ったり。



農薬や化学肥料を使ったほうが

やはり作るのはいくらか楽になるし

なにより消費者が選ばないから

当然店頭に並ばないのだと。

「誰がこげなカボスを買うなえ?

皆見た目が美しいもん買うじゃろ?」








「直ちに健康に害はありません」

繰り返し聞かされたこの言葉。


同じレベルでの話しではないけど

少しぶかっこなカボスを前に

物思いにふけてみたり。

| 日々を奏でる | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/1346-f774a2c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。