日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロウソクあれこれ。

クイズの正解でございます。
CA3H0541.jpg
こちらの商品。


あけるとこげな具合。


ぱか。
CA3H0540.jpg
ん。

雰囲気としてはすでにお湯が入った感じね。


CA3H0539.jpg
で、波平的芯が見えます。




そう、正解は「ロウソク」なんです。

びっくり。なぜ作ろうと思った…。



CA3H0542.jpg
「食べられません!」

そうだろうね。

万が一間違えてお湯入れても

全部溶けちゃうんだものね。



こちら、日清食品ホールディングスさんと

ロウソク業界大手のカメヤマさんによる

コラボレート商品。

四月バカのような代物ですが

クオリティは非常に高いです。



当店、山本鳳凰堂にて710円で販売しちょります。



その他「故人の好物シリーズ」という名目で

ビール・いいちこ・コーヒー・お茶・ウイスキーといった飲み物系から

水菓子やお団子、大福や枝豆といった食品まで

色んなロウソクが製品化されています。
CA3H0263.jpg
例えば里に帰ったときに

おばあちゃん1人で暮らしてたとして

生ものをお供えすると、どうしても傷むんよね。

おばあちゃんもそんなに食べれなかったりするし

時間が経ったらお仏壇からさげなきゃいかん。


もちろんそれが当たり前やし

食べれんものをお供えすることが

果たして故人の供養になるのかはわかりません。

時間がなくとも足しげくお仏壇に赴き

灯りとお香、そしてお供え物をして

手を合わせることが本来は大切。


それがなかなかできなかったり

住宅事情によって叶わないからこそ

こういった商品にスポットが当たることも理解できるし

現代だけんこその商品ですわな。


実家やお仏壇に向かう

亡くなった人を思い返す

そのきかっけになるのであれば

それはそれで意味があるのだと思います。








しかしこのカップヌードルは…
CA3H0538.jpg
ちょっと志向が違うやろね。

これは単純に面白商品でしょう。


うちにも

「あの人は本当にカップヌードルが好きで

いつもいつも食べてたなぁ…」


なんちゅうご先祖はとりあえずいませんので

部屋に飾っておこうかなぁと思っちょります。




もちろん販売もしてますので

欲しい方はお声掛け下さいませ。

| お仏壇を奏でる | 17:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コレは!!

こないだの れじゃぐるで紹介してたのですか!

| アラレ | 2012/05/17 19:52 | URL |

ぜひとも!

祖母のお仏壇に、大福とお茶バージョンをお供えしたいです!
おまんじゅう、好きだったし、亡くなる直前までお茶を摘んでたから。

予約できるかなぁ?

| あや | 2012/05/17 21:11 | URL |

アラレさん>
そう!おすぎさんに褒めて頂いたあれです!

あやさん>
予約できますとも。常に在庫あるようにしちょりますし
お時間ある時寄ってくださいまし。
ちなみに来週末、また仏壇屋で集えやりますよ☆

| しんいち | 2012/05/18 09:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/1460-a8ed41a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT