fc2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

声帯の暴徒化。

夏の野外イベント。

何がいいって喉の調子が

抜群

にいい。





冬のライブハウスと比べたら、どんくらい違うのか。

唄いやすさを10点満点で表すと

冬、箱/2点 : 夏、野外/10点

実感としてはこんくらいの差があります。



最大の理由は「湿度」なんじゃなかろうか。

元々乾燥する秋冬に

暖房入れたライブハウスで

2時間とか黙って待機しちょるともう駄目。

紙ヤスリみたいな状態になっちまいます。

もちろん加湿器やマスク等でフォローはしますが

プロじゃないので仕事もしますし

高湿度の空間に居続けることなど不可能ですし。






夏の野外だと

湿度はガンガンに高い状態で

待機中も自由に話ができるし

ローション使ってるときみたいに潤滑。






ローラーブレードと

アイススケート。



ハリセンボンの怒った時と

ハリセンボンの怒ってない時。



砂漠帰りの肌と

エステ後の肌


そんくらいの差があります。





だもんで

恐ろしく調子のよい時の僕は

完全に有頂天。



ものすごく小回りの効くカートに乗った時の運転狂。

ブッリンブリンハンドルきって

ガンガンコーナー攻めて

目の色変えて唄ってます。






明日は間違いなくそんな日になります。

しかも選曲は夏ROCK

ふっふっふ。

軍手の指切って

DAIGOみたくしようかな。

| 音を奏でる | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/358-2148d5be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT