fc2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貝の火。

先週の「心の中の花束」に引き続き

2週連続でCANTALOOP2様にお邪魔してきました。


今回は「貝の火ライブ」


MARさん主催のこのイベント

仕事の都合で開始時間には間に合わなかったのですが

着いてビックリ、ごっついお客さんの数。

年に1回のイベントとはいえ

MARさんの集客力にいきなり驚かされました。




共演は主催者MARさんと「ちはる山口」さん。

いずれも美声を震わせ、名曲をカバーされちょりまして。


なんて穏やかで

なんて心地よい空間なんやろう…。

音がデカくなくて気持ちいい…。


スローバラードに体を揺らすお客さんを後ろから見て

いつもとは全く違う音楽の力に酔いしれちゃいました。




さすが俺の愛する音楽。奥行きに脱帽だぜ。







最近

ライブが終わって

お客さんに「ありがとう」と言われるのが

すごく嬉しい。



思いっきり唄って

帰り際に握手。

「ありがとう」っち言ってもらえるの

本当にジ~ンとくるんね。




活動を、存在を肯定してくれるようで。




こちらこそありがとうですよ。ホント。









9年前

辿り着いた沖縄の地で

途方にくれていた夕暮れ。


浜辺を歩く背中の曲がったおばあちゃんの

すぐ横をスルリと抜けた緩やかな夕凪に


「あんたはここにいてもいいんだよ」


「とてつもなく巨大な何か」に許してもらって

涙が止まらなかったあの日の不思議な体験を思い出します。





会場でもらった「ありがとう」が

僕の中でしっかり消化され

明日出会う誰かとの関係の中で

意味のある「想い」となるように。





ご来場いただいたお客さん

いつもよくしてくれるCANTALOOP2の皆さん

ちはる山口さん、瑠美さん

ピアノの先生で、息子さんに宛てた詩を披露されたお母さん

ほんでMARさん。


参加できてよかったです。

ありがとうございました。






昨日から嫁が出張で

独身気分の30才は

忙しくて見れなかったDVDを見まくり

一度に大量に見たもんだから

今朝には色んなストーリーがごちゃ混ぜになってました。


馬鹿だと思うのです。

| ライブ報告 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/387-d7f682a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT