FC2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こんなこと書いてみました。

さて。


普段は仏壇屋として仕事に励んでおる私ですが

この「仏壇」について

そういえば一度も深く書いていないことに気づきました。


読んでくれてる方々のニーズに

「仏壇の話」は皆無だろうと思ってますもんで。

でも、僕の本職ですから。仏壇屋。

一回くらい書いとこうかな、と。ね。





というか

そもそも仏壇てなんなんですか?


じーちゃんちにあるキンキラキンのあれ。

あれ、いったいなんなん?










こんなこと仏壇屋が言うと

お寺さんから無茶苦茶に怒られますので

どうぞここだけの話にしちょいてください。



仏壇ちゅうのはですよ?

実は「自分の存在意義を確認できる箱」なんです。

ふふふ。いうてもうた。

友達のお寺の息子さん(該当者3名)、堪忍×2。





僕ら人間て賢いやん?

「いや、人類は賢いがお前はアホや」。

やかましわ。


少なくともいろんなことを考えることができる生き物。

その人間が

賢くなればなるほどわからんくなるのが「生まれてきた意味」



自分は何のために生まれてきたんやろか?



この答えは人それぞれやろうけど

生物として絶対的な答えは1つ。

命を繋げるため。



「生き物地球紀行」見りゃ一目瞭然。

捕食求愛交尾その他。



動物は自らの子孫を残すために

その命のすべてをかけて生きています。


「俺は何のために生まれてきたんやろか?」

目標のような形で自ら作り上げるというものは別として

賢い人間はその頭をフルに使い

命の意義を探し出そうとしますが

残念ながらその答えにたどり着くほど賢くないのか

あるいは、そんなもん元々ないのか

とにかくなかなか答えを見出せずに困っています。

なかには困りすぎて

自ら命を絶つ人さえいるほどに。





日本人が仏壇の前で手を合わせるとき

またはお菓子や果物、通知表なんかをお供えするときに

「その先にいる対象が誰であるか」というのを考えてみると


「神様仏様ー!」という、いわゆる絶対的な存在はいますわな。

無論、稲生様もいるはいますが。


ほんでもうひとつは

身近で亡くなった親族でもあるようです。



貰い物したら「はよじいちゃんにお供えしてきよ!」とか

大学に受かったら「まずはお母さんに報告せんとな」とか

正月に「あん人はお餅が好きやったけんもう少し置いちょっちゃりよ」とかね。



仏教の本質と先祖祭祀が持つ矛盾だとか

千の風になってんじゃねーのかよだとか

そういうややこしい話は置ーいとーいて。


仏壇の前で故人を思うその心の奥には

無意識に生物としての根本がちらほら見え隠れしちょるんじゃなかろうかと

僕は思っています。



親に命をもらい

子どもへと繋いでいく。


命のリレーの真っ只中にいることを実感する場所こそ

仏壇とかお墓の前なんやと思ってます。




誰が調べたんかわかりませんが

「仏壇がある家庭に育った子どもは、非行に走る率が低い」

という集計結果があるそうです。

仏壇屋としたら非常に都合の良いデータではありますが

実際は「…ほんとかよ?」と疑ってしまいます。

そもそも非行率てなんや?

タバコ吸うこと?カツアゲすること?大麻育てること?

どのラインで集計したんかわかりませんが。



しかしあながち嘘とも思えんのよね。


仏壇があるだけじゃつまらんですが

じーちゃんばーちゃん、とーちゃんかーちゃんが

仏壇に手を合わせる環境で育つ子どもは

その後姿を見て、必ず何かを感じちょる。

ほんでそれは荒んだ心理状態を生むものでは決してないよな。







「誰でもいいから殺したかった」







現代社会が抱える問題の全てを

先祖崇拝や特定の宗教が解決できるとは思わんけど

つらくて苦しくはあるものの

必死に生きて命を繋いでくれた「ご先祖」に感謝して過ごすことは

受け継いだ、今ここにある命に感謝することでもあるわけで。


生き物としての絶対的な命の意味

自らの存在意義が

悠久の時を経て続く「自分のルーツ」から感じ取れる。

そんな不思議な箱が仏壇なんやと思ってます。






なんか長くなってますが

ようはどういうことかっちゅーと








来週お彼岸くるけん!

とりあえず仏壇の前に座ってみ!


っちことね。


仏壇ない人は!

只今破格の彼岸セール中、老舗仏壇店山本鳳凰堂に走れ!


っちことかな。うん、そうだそうだ。






身近に購入を検討してる人がおったら

ぜひぜひ紹介してください。

何卒、なにとぞよろしくお願いします。



できれば

「唄う仏壇屋」が

「唄うフリーター」になる前に・・・。




最後まで読んでくれた人、さんきゅー!

| お仏壇を奏でる | 02:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに・・・

さすが唄う仏壇屋・・・
説得力あるわぁ~今回は念が入ったねぇ(笑)

うちの実家でも供えてた果物を取るときに毎回手を合わせてたわぁ・・・

あっ・・・
でも、先日仏壇の向かいにある棚からワインを拝借したときに手を合せなかった・・・
あ~なんか嫌な予感がする(笑)
しんちゃんに飲まれるかも(・・;

| おーじろう | 2009/03/13 04:47 | URL | ≫ EDIT

すげえね( ̄▽ ̄;)

これこのまんま歌に出来そうなくらい深いいぃお話やね♪

確かに前世とのつながりが希薄だよね


うちにも仏壇があるし、たまに悩み事があるときは仏壇の前に行き自問自答してみる

亡くなった先祖や祖父さん婆さんのことを考えていくと以外と解決策に当たる。

死んでもなお支えてくれる先祖に感謝!

そしてその意味を説き続けてくれるシンガーソング仏壇屋にもっと感謝!!

| ラ・ポワン | 2009/03/13 10:30 | URL |

良いね。
自分の仕事がキッチリ語れるっち嬉しいことですなぁ(^^)
しかも、人間味いっぱいに!

繋ぐ、続ける、伝える。。。。。。

仕事も人も命も☆

午後からの『良い気合とパワー』を頂きましたワよ(V)o¥o(V)

| TAKE | 2009/03/13 13:13 | URL |

おじろさま>
あ、誘ってる?完全に誘惑でしょ、それ。
自分勝手に捉えさせていただきました。
おーじろさんのファインダーには
酔いどれた僕が写るでしょう・・・。

ポワンさま>
頭が一休さん化するのでしょうか?
「ポクポクポクポクち~ん」。
そのまま歌になると
ちょっと重くなりそうですね、これ。
「ご先祖べいべー」とかのほうがキャッチー?
・・・怒られるか。

TAKEちゃん>
いやいや
先輩の仕事人っぷりを学ばせていただいてますよ、日々。
お客さんの小さな「困った」を
笑顔でお手伝いする畳屋町のスター。
今後とも勉強させていただきますー。
まずは肉体的に!

| しんいち | 2009/03/14 12:33 | URL |

よかった。
うち、結婚と同時に仏壇と床の間用意しました。
うちのたいちゃん、これで
「うるせぇババア!」
なんて言わない。ね。

| kameko | 2009/03/14 16:16 | URL |

kameko>
…言われてるんか?
我が子にんなこと言われてるんか?
「うるせえばばあ」
は非行ではありません。甘えです。
故に今後エスカレートする可能性すらあります。
お気をつけ下さい。

今度は会おうな~。

| しんいち | 2009/03/15 10:27 | URL |

感慨深い。。。

なるほどです。

私も、
毎日祖母が仏壇に向かいお経を唱える後ろ姿を見て育った子です。

まー、
立派に育ったかどうかは別として、とりあえず非行には走ってません(笑)

対象はなんであれ
へりくだる態度、感謝する事、敬う心を子供に見せ教える事は大事なのですね。

先祖を重んじる事が子孫繁栄に繋がるなんて。。。

とても良い話をありがとう。


| bikky | 2009/03/15 20:37 | URL |

bikky>
恐縮です!!

具体的なビフォーアフターなんかはないから
効果を証明したり出来んのだけどね。
僕は子どもができたら自分の家に仏壇入れようと考えてます。

…安いやつ。

| しんいち | 2009/03/17 09:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/470-358b7dfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT