FC2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

唄う。

結婚式で演奏でした。



演奏を依頼され

すぺしゃるバンドご一行でやってきたんやけど

そうれはもう、すさまじいほどの感謝をされ

「いやいや、いやぁまぁまぁ。いえいえとんでもない!ほんとに!あぁ…いやいや…まぁまぁ。。。」

と、引きつりほっぺたでぺこりぺこり。


いつも誉められ慣れてないもんだから

こんなときは俄然、アタフタするのです。

必死になって渾身のオロオロとなるわけです。





なんでそんなに誉めてくれんのか、と。

なんでそんなに感謝してくれるのか、と。

ぐぐっと『根本の部分』に戻ってみるわけですよ。



唄うってなん?

唄うことを望まれるってなん?

唄って感謝されるってなん?

俺が唄ってるってなん?

俺の音楽ってなん?





必要とされるための音楽と

必要とされる音楽は別で


俺は誰かに必要とされると嬉しいけど

そのために曲を書くことがとっても苦手で



誉められるとすっごい喜ぶけど

誉められるために音楽はしたくなくて



誰もいない深夜の街で唄うことが大好きで

でも誰も聞いてくれないと寂しくなったりして



時には好きな人が「いい曲やね」って言ってくれる曲を追いかけて

でもそこに自分の居場所はなくってモジモジしたり


どんな風に音楽をとらえるべきか

どんな風に唄っていくべきか


いろんな角度に傾くシーソーの上で

やじろべぇのようにバランスをとりながら

しかし足下の支点は気まぐれに場所を変えるもんで

どうしたもんかとあきらめてあぐらかいたり。




音楽は人生だ!!

巨乳アイドルの半分はただのデブだ!!

お昼ご飯はカレーです。

| 音を奏でる | 18:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほんとにいまそんなこと考えていたところです
森じゃなく木に撃ち込んでいこうと改めて思っておりますた。
そしてしんいちさんのカッコつけない感じの所が、なんだか、すごく、好きです笑
高尾山今から楽しみにしております。

| The twenties タカイ | 2009/03/15 02:59 | URL |

タカイポン>
ぬはーご無沙汰ーっす。
僕がかっこつけてない
そう感じて頂けたなら
僕の戦略勝ちだ、と。
そう捉えていただいてかまいません。

機会があれば、高尾山前にまた会いたいね~。

| しんいち | 2009/03/15 10:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/471-e59365b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT