FC2ブログ

日々を奏でて三千里。

唄うたいしんいちのブログ。 気になるコトや頭にきたコト 喜びや悲しみやお茶漬けや秋ウコンまで。 音楽人としていかにあるべきかを 適当に綴った渾身の日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大分少年の船、PRビデオ。

めちゃ美味料理で評判の、花ちゃん家ご夫妻。


以前から僕らステレオ少年を応援してくれているご夫婦で

旦那さんのNARUさんは、坊主頭が似合うナイスガイ。


実はNARUさん、『大分県少年の船』の実行委員会でして

今年の団員募集のPRビデオの作成も担当しちょります。


ほんでそのPRビデオの音楽に

僕らの「南へ」を使っていただきました。



僕は『少年の船』に関して

ほとんどなんも知らんのですが

このビデオを見せてもらって

すげー感動しました。



旅というのは

心の窓を大きく開いてくれて

日常では受け入れきれない、様々な言葉や体験が

心にすーっと入ってくる、不思議な力を持っています。


このPRビデオは

少年たちが旅で偶然出会った人たちと

不安や興奮やいらだちや解決といった

様々などたばたを乗り越えて

いつの間にか「仲間」となっている

そんな旅の一部が垣間見える映像です。


その映像の中で

僕らの大切な唄「南へ」が流れていることが

すごい光栄やし、純粋に嬉しい。




今年の夏も

たくさんの少年少女が

南へ、旅立って行くんやろね。


どんな経験であるにしろ

彼らにとって、これから先の彼らの人生にとって

価値のある経験と出会えますように。




大分県少年の船・PRビデオ

製作 NARU(花ちゃん家)


NARUさん、ありがとー!



花ちゃん家URL http://www14.plala.or.jp/komazo/ 

大分県少年の船ブログ http://yaplog.jp/shosen/

| 音を奏でる | 22:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

涙がでる

しんいちさん
これってスゴイじゃないですか
子どもの感想発表を毎年聞きますが

見ていて涙がでました
歳でしょうか?

| 紙ヒコーキ | 2009/04/12 07:32 | URL | ≫ EDIT

ブログでの紹介ありがとう。

いつもブログを見てるけど、コメントを書く勇気がなく、今は、缶ビールを1本飲んだ勢いでコメントを書かせてもらってます。

「南へ」という曲は、僕自身、絶対に利用させてもらいたいという考えがあるなか、ステレオ少年のメンバーも「少年の船」の活動に賛同してくれ本当に感謝しております。

全国的にみても600名の子どもたちを沖縄に連れて行き、平和の大切さを教えているのは、大分県だけ。

予算的なことなど様々な要因で、規模縮小が検討されようとしている事業だけど、継続させていきたいとの思いから作成したビデオです。


ステレオ少年のメンバーから喜んでもらえたので安心したよ。

| NARU | 2009/04/12 11:46 | URL | ≫ EDIT

紙飛行機さん>
歳もあるでしょうが(笑)
すごく感動的な映像ですよね。
写真やその組み合わせ方がいいんでしょう。
僕もぐっときました。

NARUさん>
昼間のビール、いいじゃないですか。
こんな陽気な明るい日にグビリ。最高。

エトケンもすごく喜んでました!
「うちの子もいつかは!」て。
スタッフの暖かさや人柄のよさも伝わります。
ナイス映像です!
ありがとうございました。

| しんいち | 2009/04/12 13:25 | URL |

しんいちさんこれって抽選なんで
津久見市子ども会文化祭毎年2月頭
少年の船体験発表が3人

平和の尊さ
買い物
グループの体験

えとせとら

しっかりと捉えて来ています
又機会があったらと言ってますが
2度は無理でしょう

画像から参加人員の多さに驚きです
スライドショーも凝ってますね
モノクロからカラーへ等

今年の成人式スライドショーは
「南へ」を使わせてもらいました
昨日は望月天満社の祭りを撮影に

農村集落の温もりを感じました

| 紙ヒコーキ | 2009/04/13 07:23 | URL | ≫ EDIT

紙ヒコーキ様>
抽選なんですね?
やっぱり人気があるんやなぁ。
家族旅行とはまた違う発見や経験があるんでしょう。
二度行けんちゅうものなんかグッとくるっす。

| しんいち | 2009/04/13 18:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://conchiki.blog54.fc2.com/tb.php/497-c1dc21c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT